RSS
Admin
Archives

Free Camp

Mダックスぷぅと 夫婦でのんきにキャンプ

プロフィール

kao

Author:kao
かおです
旦那(たっちゅさん)と犬(ぷぅ)と
東京都に住んでいます。
たっちゅさんがキャンプをしようと
言い出してから3年たちました。
一緒に楽しんでます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09
29
Category : 日記
とうとつですが

昨夜の夢で、今は亡き先住犬と遊びました。

チワワやポメラニアンと間違われることしばしばのパピヨン。ぴぃこ。享年13才。
2キロのちっちゃい体で、晩年は心臓を患いながらもがんばってくれた。

夢の中なのに、心臓が悪いまま。
抱っこして、顔をなすり付けた。
ぷぅとは違う、フワフワ毛の触りごこち、軽い体。
薬を飲ませてから発せられた、あの頃のぴぃこのにおい。

まだ暗い時刻、夢だったと気付いた後なのに
手にも鼻にも、部屋の辺りにもぴぃこの感じがあった。
と同時に、どんどんと薄れていってしまうのをどうしようもなくて。


blog_675.jpg


当時、
自分がぴぃこの触りごこちとかあったかさを
きっと忘れてしまうだろうということを想像できてしまったことが、さみしくてしかたなかった。

数年経た今、
なにかの拍子に一瞬のことにせよ
あんなにありありと感じられた(気持ちになれた)とは。

忘れてしまったようで、どこかに鮮明に残ってたこと。思い出があること。

できたら「なにかの拍子」をもう少しコントロールできたら。
それにはブログってもってこいのツールではと思います。

忘れちゃう前に残したり、思い出したら記したりしていきたいもんです。

blog_676.jpg


あいつ、相変わらず耳の飾り毛のとこに汚れの毛玉みたいのつけてたわー。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。